【2020最新版】青山学院大学と中央大学、どっちがいいのか検証してみた【偏差値・就職・男女比・人気など比較】

戦い

こんにちは、けんすけ(@kensuke_blog)です。

今回は首都圏の難関私立大学郡『MARCH』の中の大学である青山学院大学と中央大学はどちらが良いのかを比較していきます。

青山学院大学と中央大学を比較してみる

青山学院大学も中央大学も、東京の伝統ある大学です。

青山学院大学は渋谷にキャンパスがあり、おしゃれな大学の代表格として知られています。

それに対し中央大学は東京の郊外にキャンパスがあり、真面目な人が多い大学という印象を持たれることが多い大学です。

そんな正反対な性格を持つ青山学院大学と中央大学を、この記事では様々な観点から比較していきます。

学生数はどう違うの?

まずは学生数を比較してみましょう。

大学の公式サイトによると、2019年度の学部生の人数は

  • 青山学院大学・・・18,077人
  • 中央大学・・・24,873人

となっています。

学生数は中央大学の方が多いようです

男女比はどう違うの?

男女比のイメージ

次に、男女比はどうなっているのでしょうか?

大学の公式サイトによると、男女比は次のようになっています。

  • 青山学院大学・・・男子8,902人 女子9,175人
  • 中央大学・・・男子15,352人 女子9,521人

割合にすると、青山学院大学の女子率は約50.6%、中央大学の女子率は約38.3%になります。

女子率はやはり青山学院大学の方が高いようです

中央大学は男子が多いイメージがありますが、意外と女子も多いんですね。

立地が良いのはどっち?

両大学の立地を比較してみましょう。

青山学院大学のメインである青山キャンパスは、渋谷駅から徒歩10分という場所に立地します。

それに対し、中央大学のメインである多摩キャンパスは八王子市にあります。

地価ベースで考えて立地が良いのはもちろん青山学院大学です。

しかし、郊外の広い大学に行きたい人や人混みが嫌いな人はもしかしたら中央大学のキャンパスの方が気にいるかもしれませんね。

偏差値が高いのはどっち?

勉強

では、両大学の偏差値を比較してみましょう。

今回使用する偏差値は、河合塾が発表している『入試難易予想ランキング表』から学部個別入試(3教科型)の両大学に共通する学部学科のものを引用しています。

参考:https://www.keinet.ne.jp/rank/

文学部

青山学院大学62.5 中央大学60 (日本文学)

青山学院大学62.5 中央大学57.5 (英米文学)

青山学院大学57.5 中央大学57.5 (フランス文学)

法学部

青山学院大学62.5 中央大学62.5

経済学部

青山学院大学62.5 中央大学60

経営・商学部

青山学院大学62.5 中央大学60

理工学部

青山学院大学55 中央大学55 (物理学)

青山学院大学55 中央大学55 (生命科学)

青山学院大学55 中央大学55 (電気電子工学)

青山学院大学57.5 中央大学57.5 (機械工学)

総合

上の結果をまとめると、各学部で偏差値が高かったのは

文学部・・・青山学院大学

法学部・・・引き分け

経済学部・・・青山学院大学

経営・商学部・・・青山学院大学

理工学部・・・引き分け

このようになりました。

青山学院大学の方が全体的な偏差値は高いと言えるでしょう。

志願者数が多いは?

受験票

志願者数を比較してみましょう。

2019年の入試において、志願者数は次のようになりました。

  • 青山学院大学・・・60,404人 (前年度比-2,501 人)
  • 中央大学・・・92,686人 (前年度比+4,504人)

志願者数は中央大学の方が多いことがわかります

人気度はどちらが高い?

次に、両大学の人気度を比較してみましょう。

今回使用するデータは東洋経済ONLINEが発表した「『生徒に人気の大学』トップ100ランキング」より引用しています。

参考:https://toyokeizai.net/articles/-/179474

こちらのランキングによると、

  • 青山学院大学・・・3位
  • 中央大学・・・29位

となっています。

生徒からの人気は青山学院大学の方が高いようです

就職状況はどちらの方がいい?

面接

続いて、両大学の就職状況を比較してみましょう。

今回使用するデータはこちらも東洋経済ONLINEが発表した「『有名企業への就職率』が高い大学ランキング」より引用しています。

参考:https://toyokeizai.net/articles/-/237539

こちらのデータによると、有名企業の就職率への就職率は次のようになっています。

  • 青山学院大学・・・30.9%
  • 中央大学・・・23.2%

有名企業への就職率は青山学院大学の方が高いようです

結論:どっちがいいの?

今回は学生数、男女比、立地、偏差値、人気度、就職状況を元にして青山学院大学と中央大学を比較してみました。

今回の結果を見る限りだと、偏差値や大企業への就職率、人気は青山学院大学の方が高いと言えるでしょう

青山学院大学はその立地の良さなどから、特に女子から圧倒的な指示を集めています。

近年では偏差値もかなり上昇してきており、今特に勢いのある大学の1つとなっています。

ただし、一概に中央大学より青山学院大学の方が良いとは言えません。

例えば、偏差値は同じでも、法学部の実績は比べ物にならないぐらい中央大学の方が高いです。

ぜひ、自分に合った大学を選んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ記事: