【2020最新版】青山学院大学と法政大学、どっちがいいのか検証してみた【偏差値・就職・男女比・人気など比較】

渋谷の歩行者

こんにちは、けんすけ(@kensuke_blog)です。

今回はMARCHの中から、青山学院大学と法政大学はどちらが良いのかを比較して検証していこうと思います。

青山学院大学と法政大学を比較してみる

戦い

青山学院大学と法政大学、W合格した場合どちらに行けばいいか悩むかもしれません。

男子なら法政、女子なら青学と言われることもありますが、それは正しいのでしょうか?

この記事では具体的なデータを元に学生数、男女比、立地、志願者数、偏差値、就職状況、人気度を比較していきます

学生数はどちらが多いの?

まずは学生数を比較してみましょう。

大学の公式サイトによると、2019年度の学部生の人数は

  • 青山学院大学・・・18,077人
  • 法政大学・・・28,843人

となっています。

学生数は法政大学の方が多いようですね

学部数も法政大学の方が多く、イメージ通りといったところでしょうか。

男女比はどうなっているの?

男女比

次に、男女比はどうなっているのでしょうか?

大学の公式サイトによると、男女比は次のようになっています。

  • 青山学院大学・・・男子8,902人 女子9,175人
  • 法政大学・・・男子17,838人 女子11,005人

割合にすると、青山学院大学の女子率は約50.6%、法政大学の女子率は38.2%になります。

女子率は青山学院大学の方が多いです

青学は女子学生が多くおしゃれ、法政は男子学生が多く活発というイメージがありますが、意外と法政にも女子が多いんですね。

立地がいいのはどっち?

市ヶ谷周辺

続いて、立地の比較です。

青山学院大学のメインキャンパスは、東京都渋谷区にあります。

「立地が一番いい大学は?」と聞かれると最初の方に出てくるのが青山学院大学です。

利用者数世界第2位の巨大ターミナル、渋谷から10分ぐらい坂を登ったところに青山学院大学のキャンパスはあります。

表参道にもほど近く、「青学 = おしゃれ」のイメージはこの恵まれた立地によって形成されていると言えるでしょう。

それに対し法政大学も立地が抜群にいいです。

法政大学のメインキャンパスは東京の中心、というよりも日本の中心である千代田区にあります。

市ヶ谷駅や飯田橋駅から10分ぐらい歩いたところにキャンパスがあります。

キャンパスの周りはオフィス街になっており、日中は多くの人が行き交います。

青山学院大学が東京都心の西側にあるのに対して、法政大学は都心の真ん中あたりに位置します。

そのため遊びに行くにももちろん、就職活動をするにもとても便利な立地になっています。

立地に関しては両校ともに素晴らしい場所にキャンパスがあるといえます。

偏差値が高いのはどっち?

勉強

では、両大学の偏差値を比較してみましょう。

今回使用する偏差値は、河合塾が発表している『入試難易予想ランキング表』から学部個別入試(3教科型)のものを引用しています。

参考:https://www.keinet.ne.jp/rank/

文学部

文学部の偏差値はこのようにっています。

青山学院大学62.5 法政大学60 (日本文学)

青山学院大62.5学 法政大学62.5 (英米文学)

青山学院大学60 法政大学60 (史学)

法学部

法学部の偏差値はこのようになっています。

青山学院大学62.5 法政大学62.5

経済学部

経済学部の偏差値はこのようになっています。

青山学院大学62.5 法政大学60

経営学部

経営学部の偏差値はこのようになっています。

青山学院大学62.5 法政大学60

理工学部

理工学部の偏差値はこのようになっています。

青山学院大学57.5 法政大学55 (機械工学)

青山学院大学55 法政大学55 (電気電子工学)

総合

上の結果をまとめると、各学部で偏差値が高かったのは、

文学部・・・青山学院大学

法学部・・・引き分け

経済学部・・・青山学院大学

経営学部・・・青山学院大学

理工学部・・・青山学院大学

このようになりました。

全体的な偏差値は青山学院大学の方が高いですね。

志願者数が多いはどっち?

受験票

志願者数を比較してみましょう。

2019年の入試において、志願者数は次のようになりました。

  • 青山学院大学・・・60,404人 (前年度比-2,501 人)
  • 法政大学・・・115,447人 (前年度比-7,052人)

志願者数は法政大学の方が多いことがわかります

生徒から人気なのはどっち?

次に、両大学の人気度を比較してみましょう。

今回使用するデータは東洋経済ONLINEが発表した「『生徒に人気の大学』トップ100ランキング」より引用しています。

参考:https://toyokeizai.net/articles/-/179474

こちらのランキングによると、

  • 青山学院大学・・・3位
  • 法政大学・・・6位

となっています。

生徒からの人気は青山学院大学の方が高いようです

両校ともにトップ10入りしていることから、受験生からの人気の高さがうかがえます。

有名企業への就職率が高いのは?

面接

続いて、両大学の就職状況を比較してみましょう。

今回使用するデータはこちらも東洋経済ONLINEが発表した「『有名企業への就職率』が高い大学ランキング」より引用しています。

参考:https://toyokeizai.net/articles/-/237539

こちらのデータによると、有名企業の就職率への就職率は次のようになっています。

  • 青山学院大学・・・30.9%
  • 法政大学・・・21.8%

有名企業への就職率は青山学院大学の方が高いようです

結論:青学と法政はどっちがいいの?

今回は学生数、男女比、立地、偏差値、志願者数、人気度、就職状況を元にして青山学院大学と法政大学を比較してみました。

このデータを見る限りだと、青山学院大学の方が人気や偏差値は高いと言えるでしょう

とはいえ、必ずしも法政より青学の方が良いというわけではありません。

例えば、法学部に入って弁護士を目指したいと考えている人にとっては、青学よりも法律学校を前身とする法政の方が実績もありおすすめです。

ぜひ、自分に合った大学を選んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ記事: