【2020最新版】学習院大学と法政大学、どっちがいいのか検証してみた【偏差値・就職・男女比・人気など比較】


こんにちは、けんすけ(@kensuke_blog)です。

今回は首都圏の難関私大『GMARCH』の『G』と『H』に当たる学習院大学と法政大学、どっちがいいのかを検証していこうと思います。

学習院大学と法政大学を比較してみる

学習院大学と法政大学はよく比較されることの大学です。

MARCHの中では比較的入りやすいとされ、近年では志願者数が増えているのがこの2大学です。

「学習院大学と法政大学、W合格したらどっちを選んだらいいの?」と悩む人も多いと思われるので、この記事では具体的なデータを元に学生数、男女比、立地、偏差値、就職状況、人気度を比較していきます

学生数は?

まずは学生数を比較してみましょう。

大学の公式サイトによると、2019年度の学生数は

  • 学習院大学・・・9,074人
  • 法政大学・・・28,843人

となっています。

学生数は法政大学の方が3倍以上多いようですね。

男女比は?

次に、男女比はどうなっているのでしょうか?

大学の公式サイトによると、男女比は次のようになっています。

  • 学習院大学・・・男子4,344人 女子4,730人
  • 法政大学・・・男子17,838人 女子11,005人

割合にすると、学習院大学の女子率は約52.1%、法政大学の女子率は38.2%になります。

女子率は学習院大学の方が高いようです。

立地は?

東京のイメージ

両大学の立地を比較してみましょう。

学習院大学は東京都豊島区に目白キャンパスのみがあります。

それに対し法政大学は市ヶ谷キャンパスと多摩キャンパス、小金井キャンパスがありますが、メインは市ヶ谷キャンパスです。

法政大学市ヶ谷キャンパスは東京都千代田区にあります。

メインキャンパスの立地に関しては、

  • 学習院大学・・・東京都豊島区
  • 法政大学・・・東京都千代田区

となっています。

キャンパスの立地としてはやはり千代田区にある法政大学の方が良いと思われます。

しかし、法政大学は最寄駅から徒歩7〜10分であるのに対し、学習院大学は最寄駅のすぐ目の前にあり、徒歩30秒です。

駅からの近さという点では、学習院大学は最高レベルの立地の良さだと言えるでしょう。

偏差値は?

では、両大学の偏差値を比較してみましょう。

今回使用する偏差値は、河合塾が発表している『入試難易予想ランキング表(2019年6月25日更新)』から学部個別入試(3教科型)のものを引用しています。

入試難易予想ランキング表

https://www.keinet.ne.jp/rank/

文学部

文学部の偏差値は以下のようになっています。

学習院大学57.5 法政大学60 (日本文学)

学習院大学57.5 法政大学62.5 (英米文学)

学習院大学57.5 法政大学60 (哲学)

中央大学57.5 法政大学60 (心理学)

法学部

法学部の偏差値は以下のようになっています。

学習院大学60 法政大学62.5 (法律)

学習院大学60 法政大学60 (政治)

法学部は学習院大学に軍配が上がります。

経済学部

経済学部の偏差値は以下のようになっています。

学習院大学60 法政大学60 (経済)

経済学部は引き分けでした。

総合

上の結果をまとめると、各学部で偏差値が高かったのは

文学部・・・法政大学

法学部・・・法政大学

経済学部・・・引き分け

このようになりました。

偏差値としては法政大学の方が高いと言えるでしょう。



志願者数は?

志願者数を比較してみましょう。

2019年の入試において、志願者数は次のようになりました。

  • 学習院大学・・・19,143人 (前年度比-1,304人)
  • 法政大学・・・115,447人 (前年度比-7,052人)

志願者数は法政大学の方が多いようです。

人気度は?

次に、両大学の人気度を比較してみましょう。

今回使用するデータは東洋経済ONLINEが発表した「『生徒に人気の大学』トップ100ランキング」より引用しています。

「生徒に人気の大学」トップ100ランキング

https://toyokeizai.net/articles/-/179474

こちらのランキングによると、

  • 学習院大学・・・55位
  • 法政大学・・・6位

となっています。

生徒からの人気は法政大学の方が高いようです。

就職状況は?

品川のオフィス街・高層ビル群

続いて、両大学の就職状況を比較してみましょう。

今回使用するデータはこちらも東洋経済ONLINEが発表した「『有名企業への就職率』が高い大学ランキング」より引用しています。

「有名企業への就職率」が高い大学ランキング

https://toyokeizai.net/articles/-/237539

こちらのデータによると、有名企業の就職率への就職率は次のようになっています。

  • 学習院大学・・・27.5%
  • 法政大学・・・21.8%

有名企業への就職率は学習院大学の方が高いようですね。

結論:どっちがいいの?

今回は学生数、男女比、立地、偏差値、人気度、就職状況を元にして中央大学と法政大学を比較してみました。

学習院大学の法政大学の大きな違いは、『大学の規模』『校風』『キャンパス』の3点だと思われます。

まず大学の規模に関しては、学生数や志願者数の数を比べると分かるように、法政大学の方が圧倒的に規模が大きいということがわかります。

次に校風に関してですが、男女比を比べると学習院大学は女子率がかなり高いことや、もともと皇族や貴族のための教育機関であったことから、上品で落ち着いたイメージがあります。

一方で法政大学は学生数や学部数が非常に多く、男女比を見ても男子の割合が高めであることわかるように、活発で元気のある大学であるという印象があります。

また法政大学はスポーツが強く『東京六大学』の一校であることも、そのイメージを強くしているように感じられます。

最後にキャンパスに関してですが、学習院大学広大な敷地に歴史のある建物が数多くあるキャンパスです。

立地の項目で述べたように駅から非常に近く、なおかつ都心の私立大学としては並外れた広さのキャンパスであるということも学習院大学が人気である要因の一つになっていると思われます。

その一方で法政大学は東京都千代田区というまさに都心に近代的な高層ビルキャンパスがあります。

まとめると次のようになります。

  • 学習院大学・・・少人数制、落ち着いた雰囲気、広大なキャンパス
  • 法政大学・・・大規模、活気のある雰囲気、都心のビルキャンパス

どちらが良いかは個人の好みによるので一概にどちらが良いとは言えませんが、自分に合っていると思う方を選択すると良いですね。

おすすめ記事: