【2020最新版】駒澤大学と専修大学、どっちがいいのか検証してみた【偏差値・就職・男女比・人気など比較】


こんにちは、けんすけ(@kensuke_blog)です。

今回は首都圏の有名私立大学群『日東駒専』の中から『駒澤大学』と『専修大学』は、どちらが良いのかを比較して検証していこうと思います。

駒澤大学と専修大学を比較してみる

駒澤大学と専修大学はMARCHの中でもイメージ的に近いポジションにあるように思われます。

両大学とも近年受験生からの人気が上昇している大学です。

「駒澤と専修、W合格したらどっちを選んだらいいの?」と悩む人もいると思われるので、この記事では具体的なデータを元に学生数、男女比、立地、偏差値、就職状況、人気度を比較していきます

学生数は?

大学生のイメージ

まずは学生数を比較してみましょう。

大学の公式サイトによると、2019年度の学部生の人数は

  • 駒澤大学・・・14,881人
  • 専修大学・・・17,392人

となっています。

学生数は専修大学の方が多いようですね。

駒澤大学の学生数は全国18位で、専修大学の学生数は全国22位になっています。

男女比は?

次に、男女比はどうなっているのでしょうか?

大学の公式サイトによると、男女比は次のようになっています。

  • 駒澤大学・・・男子9,145人 女子5,831人
  • 専修大学・・・男子11,067人 女子6,325人

割合にすると、駒澤大学の女子率は約39.2%、専修大学の女子率は36.4%になります。

女子率は駒澤大学の方が高いようです。

立地は?

両大学の立地を比較してみましょう。

まず、駒澤大学は東京に1つのキャンパスがあり、東京都世田谷区に立地します。

一方、専修大学は東京と神奈川に2つのキャンパスがあります。

メインは 生田キャンパスで、神奈川県川崎市に立地します。

つまり、メインキャンパスの立地は

  • 駒澤大学・・・東京都世田谷区
  • 専修大学・・・神奈川県川崎市

となっています。

偏差値は?

勉強して偏差値を上げるイメージ

では、両大学の偏差値を比較してみましょう。

今回使用する偏差値は、河合塾が発表している『入試難易予想ランキング表(2019年6月25日更新)』から学部個別入試(3教科型)の両大学に共通する学部学科のものを引用しています。

入試難易予想ランキング表

https://www.keinet.ne.jp/rank/

文学部

文学部の偏差値は以下のようになっています。

駒澤大学55 専修大学55 (日本文学)

駒澤大学55 専修大学55 (英米文学)

駒澤大学50 専修大学52.5 (環境地理)

文学部は専修大学に軍配が上がります。

法学部

法学部の偏差値は以下のようになっています。

駒澤大学55 専修大学55 (法律)

駒澤大学55 専修大学55 (政治)

法学部は引き分けになりました。

経済学部

経済学部の偏差値は以下のようになっています。

駒澤大学55 専修大学55 (現代経済)

経済学部は引き分けになりました。

経営学部

経営学部の偏差値は次のようになります。

駒澤大学55 専修大学55

経営学部は引き分けになりました。

総合

上の結果をまとめると、各学部で偏差値が高かったのは

文学部・・・専修大学

法学部・・・引き分け

経済学部・・・引き分け

経営学部・・・引き分け

このようになりました。

偏差値に関しては両大学で大きな差はないと言えるでしょう。



なお、日東駒専の最新年度の偏差値について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

志願者数は?

志願者数を比較してみましょう。

2019年の入試において、志願者数は次のようになりました。

  • 駒澤大学・・・48,715人 (前年度比+3,900 人)
  • 専修大学・・・56,201人 (前年度比+10,440人)

志願者数は専修大学の方が多いことがわかります。

両大学ともに志願者数が増加しています。

人気度は?

合格通知のイメージ

次に、両大学の人気度を比較してみましょう。

今回使用するデータは東洋経済ONLINEが発表した「『生徒に人気の大学』トップ100ランキング」より引用しています。

「生徒に人気の大学」トップ100ランキング

https://toyokeizai.net/articles/-/179474

こちらのランキングによると、

  • 駒澤大学・・・52位
  • 専修大学・・・35位

となっています。

生徒からの人気は専修大学の方が高いようです。

就職状況は?

続いて、両大学の就職状況を比較してみましょう。

今回使用するデータはこちらも東洋経済ONLINEが発表した「『有名企業への就職率』が高い大学ランキング」より引用しています。

「有名企業への就職率」が高い大学ランキング

https://toyokeizai.net/articles/-/237539

こちらのデータによると、有名企業の就職率への就職率は次のようになっています。

  • 駒澤大学・・・9.0%
  • 専修大学・・・9.1%

有名企業への就職率はほぼ同じようですね。

結論:どっちがいいの?

今回は学生数、男女比、立地、偏差値、人気度、就職状況を元にして明治大学と立教大学を比較してみました。

結果を見る限り、一概にどちらが良いというのは言えないでしょう。

個人的には、駒澤大学と専修大学の大きな違いは立地だと考えます。

駒澤大学は全学部生が東京都世田谷区にある駒澤キャンパスに通う一方、専修大学は法学部を除き神奈川県川崎市にある生田キャンパスに通います。

駒澤大学のキャンパスは東京都心へのアクセスに優れた住宅街にあり、専修大学のキャンパスは自然の多い環境にあります。

個人の好みや自宅からの通いやすさを考慮しておくべきでしょう。

ちなみに専修大学法学部は都心の一等地に立地し、明治大学駿河台キャンパスや日本大学法学部・経済学部が近くにあります。

都心のキャンパスに通いたい人は専修大学法学部を目指すのもいいかもしれません。

最後に

今回は駒澤大学と専修大学を比較しましたが、このブログでは他にも受験生の大学選びに役立つ情報を発信しています。

「この大学とこの大学を比較してほしい!」とか、「〜大学ってどうなの?」といったリクエストがあれば、僕のツイッター(@kensuke_blog)までご連絡をください。

ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

おすすめ記事: