難関資格を取得したい人におすすめの大学【司法試験・公認会計士】


こんにちは、けんすけ(@kensuke_blog)です。

今回は、大学に入ったら難関資格を習得したいと考えている受験生におすすめの大学を紹介します。

資格を取るのに大学は関係あるのか?

まず最初に、資格を取るのに大学は関係あるのかについての意見を述べます。

結論を言うと『直接的には関係ない』です。

試験で合格点に達すれば資格は取れるのですから、その人の大学がどこであるのかと言うことは直接関係しません。

しかし、これはあくまで直接的な話です。

例えば、大学受験において、特に一般入試であればどこの高校出身であるのかは合否に全く関係ありませんが、進学校の方が勉強の環境が整っており、身の回りにも志の高い人が多いため、モチベーションを維持しやすいです。

同じように、大学によって資格習得の環境はそれぞれ違っているので、資格を取るのに適している大学が結果的に多くの合格者を出します

資格に強い大学を考察してみる

それでは、難関資格に強い大学をそれぞれの資格別に見ていきましょう。

司法試験

弁護士バッジを指差す弁護士のアップ

2018年司法試験の合格率ランキングは以下のようになっています。

1位 東北学院大学(60%)
2位 一橋大学(59.5%)
3位 京都大学(59.3%)
4位 東京大学(48%)
5位 神戸大学(39.5%)
6位 慶應義塾大学(39.2%)
7位 大阪大学(37.6%)
8位 早稲田大学(36.5%)
9位 九州大学(33.3%)
10位 名古屋大学(30.5%)
※法科大学院

次に、合格者数ランキングはこのようになっています。

1位 京都大学(128人)
2位 東京大学(121人)
3位 慶應義塾大学(118人)
4位 早稲田大学(110人)
5位 中央大学(101人)
6位 一橋大学(72人)
7位 神戸大学(51人)
8位 大阪大学(50人)
9位 九州大学(29人)
9位 名古屋大学(29人)
11位 明治大学 (25人)
※法科大学院

そして、この2つのランキング両方にランクインしている大学は次の大学です。

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 名古屋大学
  • 九州大学
  • 一橋大学
  • 神戸大学
  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学

特に東大・京大・一橋が合格者数が多く、なおかつ合格率も高いので、司法試験の合格を目指している人はこの3大学がおすすめです。

公認会計士試験

記帳をする女性

2018年の公認会計士試験合格者数ランキングは次のようになっています。

1位 慶應義塾大学 (144人)
2位 早稲田大学 (115人)
3位 中央大学  (77人)
4位 明治大学  (77人)
5位 東京大学  (43人)
6位 京都大学  (39人)
7位 立命館大学  (39人)
8位 一橋大学  (37人)
9位 関西学院大学  (34人)
10位 立教大学  (32人)

次に、2017年のランキングも見てみましょう。

1位 慶應義塾大学 (157人)
2位 早稲田大学 (111人)
3位 明治大学 (84人)
4位 中央大学 (77人)
5位 東京大学 (50人)
6位 京都大学 (48人)
7位 一橋大学 (36人)
8位 立命館大学 (31人)
9位 神戸大学 (29人)
9位 専修大学 (29人)

最後に、2016年のランキングです。

1位 慶應義塾大学 (139人)
2位 早稲田大学 (96人)
2位 中央大学 (96人)
4位 明治大学 (72人)
5位 東京大学 (36人)
6位 同志社大学 (33人)
7位 立命館大学 (29人)
8位 関西学院大学 (27人)
8位 法政大学 (27人)
10位 神戸大学 (26人)

過去3年分の合格者数ランキング全てにランクインしていた大学は、次の7大学でした。

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 中央大学
  • 立命館大学

早稲田・慶應・明治・中央は常にトップ4に入っているので、公認会計士を目指している人はこれらの大学がおすすめです。

最後に:難関資格を目指すなら

最後に、難関資格取得を目指している人におすすめのサービスを紹介します。

『資格スクエア』というサービスでは、オンラインで一流講師の質の高い授業を受けることができます。

校舎や広告費などに無駄なコストをかけていないため、受講料は大手予備校の1/3という低価格になっています。

難関資格取得を目指している方は、ぜひ利用してみてください。

司法試験・予備試験講座 | 資格スクエア

最後までお読みいただき、ありがとうございました。